ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

62a7478f.jpg

スペイン語学習を続けるなかで、今でも重宝しているのがスペイン語辞典です。

まだ、スペイン語にかじりたての頃、こだわりを持って選んだ一冊の辞書にとても愛着がわいています。今回は、私のお勧めスペイン語辞書とその活用方法を紹介します。

お気に入りのスペイン語辞書


長年、私が愛用しているスペイン語辞書は、小学館から発売されているプログレッシブスペイン語辞典です。

プログレッシブスペイン語辞典

小学館
売り上げランキング: 68,422


何度も読み返したくなるような辞書選び


私がスペイン語辞書を選ぶ時に絶対譲る事のできない条件は、飽きずに何度も読み返すことのできる体裁になっていることです。

他にも、
  • 挿絵の挿入
  • カラー印刷による文字の強調
  • スペイン語学習時に単語を調べやすい設計になっているかどうか

以上のような条件で、スペイン語辞書を選びました。

どのように辞書を活用するのか


用意するものは、思い立ったらすぐにメモができる文具のみです。
  • 蛍光ペン(できれば統一したいので1色)
  • 付箋紙(ポストイットがベストな品質)


直接書き込むのが自分流と思えば、その方法を大切にします。あくまでも自分のスタイルを作り上げていくことにこだわると、スペイン語学習自体が楽しくなります。

調べたら即蛍光ペンでマーキング!




プログレッシブスペイン語辞典は、すでに重要単語は文字が大きかったり、色付きの装飾があったりと、その単語の重要度が一目で分かるような工夫がたくさんあります。

しかし、本当に大切な単語は、自分で調べた単語だったりします。ですので不明な単語などがあったときに調べた単語や成句などは、その都度「調べたぞ!」って印として蛍光ペンでマーキングします。

これを1回目(もしくは1年目)は、オレンジ。2回目(2年目)は黄緑。と色を変えて塗りつぶしていくと、過去に自分が何を調べていたのかが明らかになります。

イラストが挿入されてるページに付箋紙でチェック!




付箋紙(ポストイット)をしおり代わりにぺたぺた貼付けます。その理由は、プログレッシブスペイン語辞典の特徴にあります。この辞書の特徴は重要単語のあるページで絵付きで詳しく解説しているからです。

こればかりは、私の個人的な好みかもしれないんですけど、この絵付きの解説が私は大好きなので、付箋紙をぺたぺた貼付けて、いつでも解説が引き出せるようにしています。



例えば、牛や豚の肉の部位の名前を調べたいときは、この画像のページを見つけ出して絵を眺めるって訳です。個人的に、この絵を眺める瞬間が好きなんです。

結構便利ですよ。

辞書一つでいろんなことを学習できます


スペイン語の語彙力が増えるのはもちろん、紙の辞書を使えば関連用語なども覚えていけるので、言葉の検索能力が上がります。

私の例は特殊ですが、辞書というか、言葉を習得するという行為を通じて出会いもあります。言葉は単なる伝達手段ですが、その先にある成果や結果は他の何にも変えられない価値を生み出してくれます。

まずは、自分のスペイン語辞書をよく考えて選んでみるてください。

プログレッシブスペイン語辞典でステキな出会いを!
この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメント一覧

    • 1. まち
    • 2014年07月29日 18:18
    • 参考になりました。
      スペイン語は何度もかじり始めては大休止の繰り返しです。細々と長く、使えるスペイン語を学んでいきたいと思います。
コメントフォーム