ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Concentracion_trabajadores_hospital_Pazボリビア国内の医療機関がストライキを起こしてしまい、開店休業状態に陥ってしまっているようです。原因は法改正による医療従事者の労働環境が大きく変わってしまったってこと。

労働時間の上限が引き上げられてしまったことへの反発が主な原因です。

この反発が大きなストライキとなり、さらに長期間化しているのです。医療機関という大事な機能が危機的状況に陥り、さらには血液バンクなどの関連機関までも甚大な影響を受けているのです。





衛生面の「非常事態」




今回勃発しているストライキは、労働基準の見直によって医療労働者の上限労働時間が引き上げられたことがきっかけとなっています。医師、看護師ら医療労働者が24日間にわたりストライキを続けており、緊急医療を除いて、主な病院での一般診療はストップした状態となっているようです。

日本でも看護師不足が騒がれて社会問題となっていますが、ボリビアにおいても医療従事者の労働環境は深刻な問題にさらされているのです。

関連記事:Declaran la Emergencia Sanitaria para contratar a nuevo personal

ストライキが続けばさらなる危険も


Marcha-Universitarios-Medicinaこのストライキを受けて、ボリビア保健省は、ボリビア国内の衛生環境が「非常事態」に直面しているとの見方を示しました。

ボリビア保健省は、このストライキによって疾病などを抱えた多くの国民が困難な状態に立たされていると指摘し、また公衆衛生に関する分野も危機にさらされていることから、今後国内で感染症が広がるおそれがあると警告しています。

国内ではラパスで、医師3人がストライキを続けており、その他の地域でも医療労働者らのデモなどが行なわれています。


血液バンクもストライキの渦中に


ストライキの影響は血液バンクにも広がりを見せています。

3週間以上に渡り続いている今回のストライキが緊急医療のみの対応で、一般向けの診療行為がストップした状態となっているため献血業務までもがストップし、血液バンクの血液そのもののストックが激減しているのです。

それでも私立の病院などに対し、需要のある輸血血液の供給を行なっているが先の見えないストライキに関係者も懸念の声を出さずにはいられないようです。

関連記事:El Banco de Sangre de La Paz atiende pese a la huelga indefinida del sector de salud
この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム