ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語



マチュピチュ遺跡公園で、新たに壁画が見つかりました。この発見はマチュピチュの歴史的価値をさらに高める可能性が専門家より示唆されています。

大発見は、公園のすぐ近く




遺跡公園から100メートルほど離れたエリアにて、リャマや人などが壁に描かれた痕跡が見つかりました。この発見は、1912年のマチュピチュ遺跡発見以来の「大きな発見」に位置付けられてるほどインパクトの大きい発見です。

今回の壁画発見によって、マチュピチュ遺跡そのものの評価も変わる可能性もあります。専門家によれば、発見された絵は、先コロンビア時代に描かれたものと推定されています。

Después más de cien años de su descubrimiento, la ciudadela de Machu Picchu no deja de sorprender. Hace dos semanas, personal de la Dirección Desconcentrada de Cultura de Cusco halló en la zona pinturas rupestres (quilcas) preíncas.

Una figura de una llama, un hombre, y encima de ellos una imagen geométrica, ha sido hallada en la zona de Pachamama, en el camino de acceso a la zona arqueológica de Machu Picchu.
引用 : elcomercio.pe



この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム