ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語


Image by Wikimedia Commons

ボリビア、ポトシ県にある古い時計台が文化財に指定されました。

2016年7月で開府127周年を迎える同地域にとってシンボル的な存在である時計台に文化的価値を公式に認める形となりました。

1930年製造の時計台


ウユニ塩湖の観光でこの地域を訪れる観光客になじみ深い存在となっているのが、今回、文化財指定に指定された時計台です。この時計台はウユニの開府に合わせて1930年製造されたものです。

ウユニは2016年7月で開府127周年を迎えていますので、この地方の歴史をずっと眺めていた存在と言っても過言ではありません。

時計台は、ボリビア議会が法案を可決し成立、文化省によって重要文化財に指定されました。

El Reloj Público ubicado en la plaza Aniceto Arce y la avenida Potosí de la ciudad de Uyuni, en el departamento de Potosí, fue declarado 'Patrimonio Cultural Material Inmueble del Estado Plurinacional de Bolivia', por su valor histórico, estético y urbano.

Uyuni celebra este 11 de julio 127 años de su fundación y lo hará con este reconocimiento a uno de sus edificios más simbólicos.

El Reloj fue importado de la Casa Oscar & Meyer de Hamburgo (Alemania) y fue armado por el uyunense Miguel Vargas, quien lo dejó funcionando. La maquinaria comenzó a andar el histórico 20 de abril de 1930.
引用 : eldeber.com




この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム