ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

6995b643.jpg

メキシコが世界有数の肥満体国なのは、割と有名な話。そんなメキシコ人が1日に接種する砂糖入り飲料が平均720mlであることが話題になっています。

つまり1リットルのペットボトルを軽く飲み干している人がかなりの割合でいるってこと。その為、糖尿病の罹患率も高く、最悪の場合、死に至るケースも多いんだそうです



砂糖入り飲料の飲み過ぎによる死亡例、メキシコが世界1位


12)

砂糖入り飲料の飲みすぎにより肥満関連の病気を発症して死亡する人の数は、世界で年間18万人を超えるとの研究結果を、米国のチームがこのほど米心臓学会で発表しました。

その発表の中で、中南米エリアの肥満に関することも言及しており、2010年の調査では砂糖入り飲料による糖尿病で死亡したラテンアメリカの人は3万8000人と、他の地域より突出した数字となっているようです。また、CNNの記事によるとメキシコ人が1日に摂取する砂糖入り飲料は平均720mlなんだそうです。


肥満率を国別で見てみると


02)
図録▽肥満比率の各国比較(OECD諸国)
肥満率を国別に見ると、確かにラテンアメリカの国々の名前が出てきています。ただ、この統計自体がOECD加盟の34カ国に限った集計しかしておりません。

注目するのはやはりメキシコ。この国の場合「測定値」のみで構成された数値であり、仮に申告値を付加すると世界一になってしまう可能性もありそうです。隠れ肥満ならぬ申告漏れ肥満がかなり隠れていそうで怖いです。

メキシコ人の食生活や、肥満についての話は以下のブログが興味深い記事を書いていますので参考にしてください。読んでみると「そりゃ太って当然」と呆れてしまうほどのお話しになってます。


関連動画



この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム