ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

6cf33dda.jpg

宮沢賢治の雨ニモマケズをスペイン語で翻訳するとどうなるんだろう、と調べてみたら既にたくさんの翻訳文が公開されていてビックリ。もっともポピュラーなのは、おそらくWikipediaに公開されている対訳じゃないかと思いますので紹介します。

Ame ni mo makezu


poder resistirse a la lluvia
poder resistirse al viento
poder resistirse tanto a la nieve como al calor del verano
con un tal cuerpo fuerte
sin ansias
nunca dejarse llevar por el temperamento
con una alegría tranquila
comer cada día cuatro tazas de arroz integral
miso y un poco de verduras
en todo
pensar primero en los otros
ver, escuchar y entender
además, nunca olvidar
a la sombra de los pinos en los prados
estar en una pequeña choza con techo de paja
si hay un niño enfermo al este
asistirlo
si hay una madre exhausta al oeste
ponerse al hombro sus fajos de arroz
si hay un hombre moribundo al sur
decirle que no hay que temer
si hay una disputa o conflicto al norte
decir que no pierda su tiempo por una insignificancias
cuando hay sequía, derramar lágrimas
cuando el verano es frío, merodear perplejo
ser llamado inútil por todos
no ser alabado
no ser culpado
quisiera convertirme
en una persona así

Ame ni mo makezu - Wikipedia, la enciclopedia libre


色んな翻訳者が公開してます


他の翻訳者が作成したものがいくつかありましたのでリンクしておきます。巷では2番が好評です!

  1. Puentefuentes : Amenimomakezu de Miyazawa Kenji
  2. NO SER VENCIDO POR LA LLUVIA - Miyazawa Kenji
  3. Lluvia fresca » Blog Archive » Ame ni mo makezu

上智大学で教鞭を執るエレナ・ガジェゴ先生の「雨ニモマケズ」も素敵なので紹介。上記の翻訳文とは意味は同じですが、表現方法が若干異なります。



雨ニモマケズ:原文


雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテイル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニイテ
東ニ病気ノ子供アレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニソウナ人アレバ
行ツテコワガラナクテモイイトイイ
北ニケンカヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイイ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボウトヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
ソウイウモノニ
ワタシハナリタイ


宮澤賢治―雨ニモマケズという祈り (とんぼの本)
重松 清 小松 健一 澤口 たまみ
新潮社
売り上げランキング: 355,306

この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム