ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

b5585729.jpg

語学学習というのは、単語を覚え、文法を理解し、動詞の活用法などをひたすら身に付ける苦行がつきものです。スペイン語も同様、やっぱりつらい。

そこで、イラストを眺めるだけでスペイン語学習をしたらどうか、と考えてみます。初級者には優しい教材、上級者には最高の息抜き材料として大活躍の可能性が見えてきました。



継続するためのモチベーション維持


私が、イラストでスペイン語を学習した理由は、真面目に勉強することが嫌になったから。ニュースの記事とか、文学書なんかで勉強すれば、かっこいいし、スゴく博識になるんでしょうけど、全く楽しいと思いません。

さらに、私は難しい文面の6割程度しか理解し吸収できず、学習行為そのものが語学を継続する上での最大の壁となってしまったのです。何度も挫折しました。

この時痛感したことですが、語学を続けるには「モチベーションをどう維持していくが」がとても重要な要素なのです。

自信をつけるために、あえて学習レベルを下げる


語学学習のモチベーション維持で大切なのは「息切れをしないこと」です。難しい内容ばかりに挑戦すのではなく、適度にどこかで休息しながら語学と長い目で付き合っていくコツになってきます。

今回紹介する「いっそイラスト スペイン単語帳」は、語学学習の息抜きとしてイラストで単語を覚えていくことにコンセプトがしぼられています。

絵を眺めるだけでスペイン語学習が成立するよう設計されており、本書を活用して苦労を感じることは皆無でしょう。また、時々登場するイラストレーターのお茶目な仕掛けも、本書を楽しく読み進めていく助けになるはずです。

c0c6f4f5.jpg
絵を見るだけなので、小さな子供も楽しみながらスペイン語に触れられます。

0c8e631f.jpg
シャワーを浴びる男性の手元が気になって気になって「ducharse」を覚えざるを得ないのです。

絵を見るだけで繰り返し学習が実現できる


本書はイラストが80%以上を占める単語帳なので、そのイラストと併記された単語をパラパラと「飛ばし読み」していくのが主な読書スタイルとなるはずです。飛ばし読みをすることになれば、必然的に何度も読み返すことになってきます。つまり、語学学習の要とも言える「繰り返しの暗記学習」をいとも簡単に実現できてしまうのです。

可愛いイラストに、忘れていた単語を思い出させてもらいながら、スペイン語学習を継続させるためのコツさえも読み取ることのできる最良の一冊じゃないかと思います。

いっそイラスト スペイン単語帳

小学館
売り上げランキング: 321,150

この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム