ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Photo:Siesta By:pedrosimoes7
Photo:Siesta By pedrosimoes7

スペイン、アドール市長が「午後2時から午後5時までの間を昼寝を取るための公式な時間とする」と宣言。

この時間帯は昼寝のために大きな声や音を出して睡眠を妨害しないよう全住民が配慮するよう通達しました。子ども達は家の中にろ、と。

公式な昼寝タイムを宣言した市長は正義か悪か?


■市長の公式宣言です
 日本人もこれくらいやったらどうかしら。とういわけでスペインからのニュース。市長が午後の昼寝をすべきと公式に推奨して話題となっております。

参照:【うらやましい】スペインの市長が全市民に「昼寝をするように」と宣言! » | がらくたGallery


スペインにはもともと「シエスタ」という休憩の文化があります。
シエスタ(西: siesta)は、スペイン語でお昼もしくはその時間の昼休憩(13:00~16:00が目安)を指す言葉である。
シエスタ - Wikipedia


スペインの文化事情を考慮すると、昼寝タイムを宣言した市長はむしろ正義感たっぷりではないのでしょうか。市長が公式に休憩時間の確保を宣言しなければならない状況になったことが私にとって驚きだからです。

ですので引用記事の日本語訳にちょっと違和感を覚えます。

私はスペイン情勢に疎いので、これ以上の議論はできませんが、昨今のスペイン経済の情勢を考慮するだけでも「休む暇がなくなってしまった」人が増えた状況を思い浮かべることができます。

過重労働の阻止が市長の狙いだったのかなぁって・・・詳細をスペインに住んでる人たちに、聞きたいです。情報をください!

元記事:Mayor of Ador, Spain, announces citywide nap time - UPI.com

くだらないニュースを集めて出版!


garakuta.oops.jp

翻訳がどうであれ、今回紹介するブログはサイト運営のテーマが「くだらない」をテーマにした世界の話題をかき集めなので、非常に興味をそそられます。

電子書籍も刊行しており、私が今もっとも気になるブロガーの一人です。

-----
EXCERPT:
スペイン、アドール市長が「公式な昼寝時間を設ける」と宣言。昼寝タイム中は静かに過ごすよう市民への配慮を求めています。-----
KEYWORDS:
この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム