ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Photo:Explosion de colores en Atacama By:Guillermo Andre
Photo:Explosion de colores en Atacama By Guillermo Andre

南米チリ、アタカマ砂漠に降り注いだ雨によって砂漠を覆い尽くすほどの勢いで咲き誇る「花」が、話題となっています。

  • チリのアタカマ砂漠に雨が降り、200もの花々が一斉に芽吹き、花開いた
  • エルニーニョ現象や地球規模の気候変動が影響しているといわれている
  • アタカマ砂漠には2万人を超える観光客が訪れ、地域経済を活性化させている
引用 : ライブドアニュース


で、ピンクのジュータンを作り出す花がどんな花なのか気になってウズウズしてしまったので色々調べてみました。

ピンクジュータンの正体は「PATA DE GUANACO」


Photo:Cistanthe grandiflora By:aamenabar
Photo:Cistanthe grandiflora By aamenabar

ピンクのジュータンを作り出している代表的な花は「PATA DE GUANACO(パタ・デ・グアナコ)」と呼ばれる多肉性の植物です。グアナコの足という意味の名前です。学名は「Cistanthe longiscapa」です。

ちなみに、グアナコ(Guanaco)とは、リャマやアルパカの仲間でアンデス地方に生息する動物の名前です。

詳細:グアナコ - Wikipedia

ピンク色と黄色の品種が存在する「パタ・デ・グアナコ」


アタカマ砂漠に咲き誇る花が、このパタ・デ・グアナコです。

Wikipediaによると、この花の仲間となる品種はパタ・デ・グアナコを含め18種類あり、そのうちアタカマ砂漠には2種類が確認されています。

一つはピンク花、もう一つは黄色や白い花をつける品種(Calandrinia litoralis)となっています。こちらのウェブサイトの情報を頼りに調べると、パタ・デ・グアナコの仲間は「カランドリニア」となり、近似種が日本でも流通しています。

参照:花カタログ- Flowers of the Atacama Desert -

アタカマ砂漠と植生を紹介するサイトがすごい


28
Flores del Desierto - de la comuna de Caldera -

アタカマ砂漠の特徴とそこに自生する植生について丁寧にまとめられています。すごく綺麗に、そして分かりやすくまとめられたサイトです。

特にアタカマ砂漠の植物をまとめた「花カタログ」は一見の価値があります。砂漠地域限定ではありますが、写真とともに詳細な解説が添えられた多肉植物図鑑となっています。

多肉植物好きには、たまらないマニアックさを秘めていると感じました。

参照:Flores del Desierto - de la comuna de Caldera -

日本で類似種の花を入手する


☆ シンジェンタの栄養系 ポーチュラカ ラヴァ ローズライラック 2株セット

遠い親戚ですが「パタ・デ・グアナコ」の仲間を日本でも入手できます。

流通しているのは、スベリヒユ科の植物である「カランドリニア」や「ポーチュラカ」です。これらが「パタ・デ・グアナコ」の仲間に当たります。例年3月ごろに園芸店に出回りますので気になる方はチェックしてみてください。また、流通名が複数存在しますので、お求めの際は注意が必要です。
カランドリニア=アンデスマツバボタン
ポーチュラカ=ハナスベリヒユ


>> ポーチュラカを探す

同じ属名ですが「別の植物」です!


日本国内で流通するこれらの花は、特徴は似ていますが全くの別物です。園芸種であるこれらの花は、本家「パタ・デ・グアナコ」とは似ているようで似ていません。

以上の点をよく理解した上で、砂漠のジュータンを作る花とよく似た特徴を持つ花を楽しんでみてください。





この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム