ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

3d466617.jpg

2016年最初のイベント情報です。

1月17日、東京でラテン文化の交流イベントが開催。「ラテンアメリカンド」と名付けられたこのイベントは、音楽を通してラテンアメリカ諸国の歴史を綴り日本とラテンアメリカの新たな交流を目指します。

ラテンアメリカと日本の新たな交流拠点を目指すイベント


12226952_1020042614725524_7964067639026702661_n
Image by Latinoamericando Japón

イベント名:ラテンアメリカンド
開催日:2016年1月17日
会場:武蔵野市民文化会館大ホール(地図
開場:15時 開演:18時
チケット料金 4,000円(割引あり
*来場者にラテンアメリカ料理本「ラテンアメリカの味〜美味しい発見」の進呈あり

問合せ:info@latinoamericandojp.com
公式サイト:FacebookTwitterYoutubeチャンネル

ラテンアメリカンドの発足から現在


ラテンアメリカ地域から日本へ移住が開始され25年。

日本在住のラティーノたちは、移住開始から25年という節目を迎えるにあたって、自分たちラテンアメリカの文化と日本の文化をもっと交流させるきっかけを作る必要性を感じていました。

そこで、2013年にラテン文化普及プロジェクト「ラテンアメリカンド (Latinoamericando Japón)」を発足させました。

ラテンアメリカンドの名前の由来


「ラテンアメリカンド」は二つのコンセプトをもとにした造語です。

一つ目は、「ラテンアメリカ」という地名です。ただ、単なる地名ではなく、非常に広い地域を指し、そこに住む人々が共有する歴史や多彩な文化をも表しています。

二つ目は「〜ando」というスペイン語文法の一つである「現在進行形」を用いたことです。これは、今まさに行われている行為や形を変えている様子を表現ししており、プロジェクト名の『ラテンアメリカンド』は「今、ラテンアメリカをつくっている」ことを意味します。

どんなイベントなんだろう?


e533acd1.jpg
Image by Latinoamericando Japón

「ラテンアメリカンド」は2016年1月に第1回目が開催されました。

スペイン語圏の文化交流拠点ともなっているセルバンテス文化センターや、在日ペルー大使館在京 コロンビア大使館など中南米諸国の19の大使館より後援を受けています。

YouTube公式チャンネルにてイベント映像がアップされてます。


司会者に「アルベルト城間」を起用する豪華イベント


13
Image by Capoeira Batuque - YouTube

本イベントは、実際にイベントが開始されるまで、演目内容など全て謎に包まれた状態でした。

ただ、事前告知として、ナレーター及びショーのMCはディアマンテスのボーカル「アルベルト城間」さんが起用されており、私の知人は「これだけでも見に行く価値がある」と豪語していたのが印象的です。

参照:アルベルト城間について

おそらく日本とラテンアメリカの橋渡し役として起用されたんでしょうが、日本語とスペイン語を巧みに混ぜながら楽しい司会進行をしてくれる様子が簡単に想像できます。



本記事はラテンアメリカンド実行委員会よりコンテンツの掲載許諾を得て作成しました。コンテンツの著作権は製作者に帰属します。また、チケット購入に関するトラブルは当方では一切の責任を負いません。

この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム