ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語


Image by Volkan Yuksel - Wikipedia

チリ海岸部でクラゲ警報です。

猛毒を持った「カツオノエボシ」と呼ばれるクラゲの仲間が多数発見され、関係各所は周囲に警戒を呼び掛けています。このクラゲの触手に刺されると、最悪の場合命を落とすこともあるんだとか。

カツオノエボシ、通称「電気クラゲ」について


海岸部で多数発見されたのは「カツオノエボシ」と呼ばれるクラゲの仲間です。スペイン語では「fragata portuguesa」と言います。触手に猛毒をもち、電気クラゲの別名があります。刺されると強烈に痛み、刺されたヒトの死亡例もあるほど。

参照:カツオノエボシ - Wikipedia

学術的な話ですが、カツオノエボシは、ヒドロ虫の仲間に属するため、一般的な「クラゲ」とは異なる生物です。画像で1個体に見えるのは、実は多くのヒドロ虫が集まって形成された群体です。

日本クラゲ大図鑑
峯水亮
平凡社
2015-09-28



どこで発生しているのか


チリの真ん中あたりに位置する、マウレ州の海岸部です。

参照:マウレ州について - Wikipedia


ランクラ(Rancura)やイロカ(Iloca)の海岸で、カツオノエボシが多く見つかっています。関係機関は、市民や海水浴客に対し、このクラゲを見かけた場合、近づかないよう呼びかけているようです。

La aparición de al menos 30 ejemplares de medusas fragata portuguesa en obligó a la Armada a desplegar intensos planes de prevención en las costas del Maule.

Los ejemplares, que pueden causar severos problemas de alergia si son manipulados por las personas, fueron avistados por turistas en las playas de Rancura e Iloca, en la zona costera de la Provincia de Curicó.
引用 : biobiochile.cl

この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム