ラテンヲタク

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Amazonランキング2016上半期が発表されました。今回はAmazonランキングで人気となったコミック作品から選ぶ、オススメのスペイン語マンガを紹介します。

Photo:Japan Expo 2008 - Shonen Jump By:Stéfan
Photo:Japan Expo 2008 - Shonen Jump By Stéfan

まずはランキングを見てみよう!


やはり人気作品は上位にランクインしているので、どちらもラインナップは似通った感じ。ただランキング大賞としての盛り上がり方は、電子版よりも書籍版の方が盛況しているような印象です。

ランキングをチェックする




これらのランキングを参考にし、私独自の観点も含めながら5作品選びました。スペイン語に翻訳された作品を人気上位から5つ選んだだけですけどね。

よつばと!


Yotsuba! 1
詳細:Amazon.co.jp

スペイン語では「¡YOTSUBA!」です。特徴はタイトルの簡単符「¡」です。

日常のなんでもない出来事を切り取ったほのぼのマンガ。この作品は日本を超えて世界各国で翻訳作品がリリースされています。日本文化を知る手がかりにもなっていることから、海外でも人気の作品。となっています

当ブログでも過去に紹介しています。

参照:スペイン語で楽しむ「よつばと!」

進撃の巨人


Ataque a los titanes
詳細:Amazon.co.jp

スペイン語では「Ataque a los titanes」です。アニメ化もいろんな言語でリリースされており、今現在、世界で最も注目されているマンガ作品の一つと言っても過言ではありません。独特の世界観とかアクションシーンなどが万人受けするのでしょう。めちゃくちゃ人気です。

こちらの作品も過去に紹介しているので詳細は以下で。

参照:スペイン語で楽しむ「進撃の巨人」

僕だけがいない街


Desaparecido 01
詳細:Amazon.co.jp

続いては、僕だけがいない街。スペイン語では「Desaparecido」と言います。

この作品はノーマークでした。私も今回のランキングがきっかけで本作品のスペイン語版の存在を知りました。作品自体読んだことがないので、詳細は書けないので申し訳ないのですが、海外サイトで本作品のスペイン語版を試し読みできるところがあったのでリンク貼っておきます。

もちろん閲覧は個人の責任で!

参照:Leer Boku Dake ga Inai Machi en español online - LeoManga

暗殺教室


ASSASSINATION CLASSROOM 01
詳細:Amaozn.co.jp

暗殺教室、スペイン語作品では「Assassination Classroom」と英語タイトルです。サブタイトルがスペイン語になってるのが特徴ですね。

こちらの作品は、マンガ、アニメ、映画、ゲームといろんな媒体で取り扱われるほどの人気作品です。作品自体は入手できると思うのですが、日本国内で入手しようと思うと、日本のAmazon.co.jpでの取り扱いがないので個人輸入になります。

個人輸入と言っても、Amazon.comであればシッピング料金は非常にお手頃価格ですし、所定の金額を越えると海外送料も無料になるみたいなので検討の余地はありますよ!

参照:Amaozn.com

東京喰種 トーキョーグール


Tokyo Ghoul 01
詳細:Amazon.co.jp

トーキョーグール。スペイン語名も同じタイトルでそのまま「Tokyo Ghoul」です。

本作品もAmazon.comのスペイン語マンガで常時ランクインしている作品の一つで、ワールドワイドに人気を得ていることが伺えます。作品の特徴も捉えやすいためか、コスプレの世界でも注目の対象となっている模様。私自身、コスプレとかアニメに関する知識は疎いので、細かい話は割愛します。

こちらの作品も試し読みできるのでどうぞ

参照:Leer Tokyo Ghoul en español online - LeoManga

ONE PIECE


One Piece 1, Amanecer de una aventura
詳細:Amazon.co.jp

みんな大好き「ONE PIECE」、もちろんスペイン語も同一タイトルです。海外でも人気作品の一つで、ドラゴンボールの次を狙えるのでは、と思っていたのですが日本ほどの熱く支持されているわけでもなさそうです。ただ、日本オタクな外国人からの支持率は高いので、翻訳版の作品もコミックランキングでは時々見かけます。

子供から大人まで誰でも楽しめるロングセラー作品なのでリリースされた巻数が多いのが最大の特徴。スペイン語学習の一環で全巻読み進めてみると、最新刊を読み終える頃には結構語彙力が身につくかもしれません。やる気があればできる、はず。

参照:スペイン語で楽しむ「ワンピース」

書籍の入手は個人輸入の可能性大


ここで紹介した作品を入手しようと思うと、現時点では個人輸入をしたほうが手っ取り早いと思います。手軽で安心なのが先にも紹介したAmazon.comです。

日本でも使い慣れたサービスですので、購入までのアクションがわかりやすいですし、日本までの配送に関わる部分においても信頼を置くことができるからです。本音を言えば、キンドルなどの電子版でスペイン語翻訳されたマンガ作品を入手したいですね。
この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

ラテンヲタクより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム